ハローワークで求人を探す!

転職の失敗パターンの特徴は、理想の職場を追い求めてしまうことなのです。これを一般的に青い鳥症候群と呼んでいます。青い鳥症候群とは、具体的に自分の力が発揮できる職場を探し求めてしまうということを指します。青い鳥症候群の人は自分の力が発揮できていないのは、周囲の環境が整っていないせいだと考えがちです。そして、チャンスがあれば、自分がもっとやれるはずだ、と自分の力を過信しています。このような自分勝手な思い込みが強ければ強くなるほど蒼い鳥鳥症候群の症状は重くなり、何度も何度も転職を繰り返すことになるのです。自分の能力を過信しマイナスな要因を周囲の環境のせいにすることができます。例えば仕事を任せてもらえない、自分にあった職種についていない、会社の方針が自分に合っていない、会社の商品やサービスが自分の理想と違う、業界が時代遅れとなっている、上司とソリが合わないなどなど数え上げればきりがありません。このように青い鳥を追いかけるという事はその責任を他人に押しつけているということに上がらないのです。では理想の職場は本当に存在するのでしょうか。あらゆる環境が自分にとって都合の良い職場というのは極めて稀であり、ほぼ皆無といっても間違いないでしょう。もし万が一そのような自分にとって最良の職場があったとしても、それは一瞬かもしれません。周囲の環境というのは必ず変化します。タイミングでは自分の理想とする職場であっても、上司が変わったり、会社の方針が変わったりしてしまえば、その瞬間から理想の職場ではなくなるのです。そうすればまたうまくいかない原因を他人のせいにするいつもの習慣に陥ってしまうのです。反対に、理想の職場を追いかけずに一生懸命に努力するという人の特徴はどういうものでしょうか。真っ先に思い浮かぶのは自発的であると言うことです。自発的であれば、自ら提案し、環境変えていくこともできます。職務外のことであっても積極的な提案により、自分に有利な環境を作り出すようなことだって出来るのです。このように自発的な人は環境を自分に合わせて変えてしまおうという発想に基づいて行動しているので、理想追い求めるという考え方が全くありません。このような積極的な思想こそが、転職を有利に進める上で絶対に欠かせない能力なのです。